価値ある情報は無料ではないということ

こんばんわOGAです。

久々の投稿になります。

今年の夏くらいからコーチングの練習もかねて、私自身や苫米地博士に興味を持った方6人くらいに無償で理論や考えなどを教えてきた。そんな中で、1人私自身に対して、マルチの勧誘を勧めてきた者がいた。以前に勧誘を受けて嫌な思いをしたので、そこの商品を買ったりすることは無いと言ったにも関わらずだ。どうもこちらの意向がきちんと伝わっていないのではないか?と思い根掘り葉掘り聞くと、本人自身は完全に洗脳されているようで、私自身も利用しようとしていたようだった。
個人的に博士の本だけでも1年間に100冊以上読み、教材やコーチングなどにも200万円以上はゆうに投資して来たものの中で伝えられるものを善意に無償で伝えていたが、どうやら本人には情報はタダでもらえるものだと思っていたようだったので、徹底的にその考えは誤っていると伝えたが、それでも全く暖簾に腕押しだったようだ。
10万円投資するならア○ウェイの製品を買うという発言まで出たほど。
正直あきれてモノも言えない、洗脳の典型である。

なので、30歳を超えて知り合うからには双方フェアな関係かメリットがなければ付き合う意味がないのは当然のことなので、私からハッキリとあなたと付き合っても意味はないので縁を切ると伝え、ようやくその真意が呑み込めたようだった。逆に言うとそこまで言わないとわからないようだった。
この件で特にお金を払ってでも投資した情報に関しては、やはり価値があるものが多いので、キチンとお金を取るか、それ相応のフェアな関係性を築いてい方のみに限定して提供する必要があるとつくづく反省した。

以前にもネットビジネス系の塾で知り合った方で知り合いだからタダで教えろ的な発言をした者も2人ほどいたが、彼らも同じような認識で情報はタダだと思い込んでいる節があった。むしろ、相手から奪おうとする精神がむき出しだった。
いずれも情報弱者と言っても過言ではないと思っているが、3人をみて共通点があると思った。もし思い当たる人がいたら自覚してほしい。

・自身の哲学がない(つまりは自分がないということ、言い換えると読書不足)
・流されやすい(いわゆるセミナー難民といわれている人たちであり、セミナー>本 を重視する傾向がある。セミナーは行くだけで満足しがちだし自分の頭で考えなくてもよいのでその傾向があるようだ)
・自分で考えない、調べない(権威者の誰が言っていたから正しいと思いがち)

かくいう自分も東京にいた頃は、セミナーというセミナーには片っ端から行っていた時期があったが、今振り返るとどれも自分という軸がなければ元の木阿弥だと気づいた。読書量を大幅に増やしてからは自分の軸ができたので、ぶれなくなってきたと思っている。
特に、お金に関する煩悩は根深いので流されやすい傾向が多い。この視点を外すだけでだいぶ見え方が違ってくるので、参考にしてもらえればと思う。せっかくのクリスマスだというのに散々な目にあったわ(泣)。良いネタにはなったけどw。

15665598_683108621849249_1952427114608996253_n

コメント

タイトルとURLをコピーしました