苫米地英人博士の教材を試して2年が経過

こんにちはGAOです。

今日は三連休ということもあり、東京に来ています。

昨夜は苫米地英人博士のライブがあるということで、わざわざ東京にやってきました。

もうかれこれライブ鑑賞も10回目くらいになりますが、9月にコーチとお会いしてから飛躍的に能力アップを実感することができた、そんなライブとなりました。

そこで、今回は集大成という意味も込めて博士の教材を使うようになってやコーチングを受けてみてどんな効果があったかを簡単にまとめてみることにしました。

1、あらゆる能力の向上を実感
視力、聴力、味覚、触覚、嗅覚、コミュニケーション力の向上を実感しました。
特に、私の場合はADHDによる耳が悪いという悩みを抱えていましたが、これは徐々に回復傾向にあると思っています。まだ完全ではありませんが、確実に良くなっているのを実感しています。世間的には聴力は治らないと言われている中で、この能力が向上したのはかなり人生にとって大きな転機になったといえそうです。まだ人並みくらいにようやくなったレベルなので引き続き音源の視聴やトレーニングを続けたいところ。

2、速読、理解力の向上
とにかく本を読むのがかなり早くなったと思っています。ただ、これに関してはメンタル面が一時的にやられている時期があったのですが、そういう場合はやはりスピードは落ちていました。前頭前野の機能を向上させ、情動のコントロールがもっと容易になれればここも克服できるようになると思われます。いずれにしてももともと本を読むのが遅い悩みを抱えていましたが、内容にもよりますが、一般書であれば今では楽に1日1冊くらいのペースで読めるようになったと思ってます。文字を打つスピードも飛躍的に上がりました。

3、未来志向になった
今までは過去の事を振り返る悪い習慣が小さいころからずっとついていたということもあり、なかなか抜けきれませんでしたが、これに関しては特にコーチングを受けてから大幅に改善したと思っています。仕事で叱責を受けたり、失敗しても、すぐに立ち直れるようになったのは大きいと思っています。切り替えが早くなったと言っても過言ではないでしょう。今までの自分であればくよくよしたり、過去の自分のせいにしがちでしたが、博士の提唱する仏教哲学アであるビダルマ哲学の「時間は未来から現在に流れている」を現実に考えられるようになりました。コーチングにより、内部表現の書き替えをされたことにより、明るい未来を想定できるようになったのは大きいでしょう。これについては、コーチからも教わりましたが、日本人に施された洗脳(親、学校、会社)は相当根深いので、なかなか未来志向になりずらいそうです。なので、私のように日頃の仕事でなかなかうまくいかない、辞めたいと思っている方にとっては、逆に博士の教材やコーチングは自分を変えるチャンスとなりますので、うってつけと捉えてもよいと思います。人は簡単に他人や環境に影響されやすいですから、それを逆利用するのがコーチングと捉えてよいでしょう。教材や音源でも効果はもちろんでますが、時間がかかるので、すぐに結果を求めたい方には値は張りますが、コーチングをお勧めしたいです。特に、トップクラスのコーチは圧倒的な知識を有していますから外れることもないと思います。

以上、簡単ではありますが、ここ最近感じた博士の教材やコーチングとの出会いによる効果を列挙してみました。いずれも当然のことながら博士の著書も並行して読むことにより相乗効果が期待できるものと思われます。特に、博士の著書はご本人もおっしゃっていますが、最低4回は読めというように、回数を重ねるごとに理解度が増していることを実感しますし、吸収する視点も変わるので、教材だけでなく、本も並行して読むことをお勧めします。私も100冊近く買いましたが、今は新しい本に加え、以前買った本を復習もかねて読み返していますが、前回読んだときに比べ、かなり理解度が変わっていることを感じています。セミナー、コーチング>教材>著書と値段差がありますが、全てが連動しているように個人的に思っています。ですので、逆にセミナーやコーチングをうけたけど、効果が出なかったよという方がいたら博士の本を何冊か読み返すとよいと思います。スコトーマ(心理的盲点)に隠れて見えていなかった視点に気づくことができるでしょう。

<おススメ商材>
超高速ブートキャンプのご注文はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました