西式生菜食を実施して早2か月が経過

コーチング

西式甲田療法の生菜食を本格的に実施してから早くも二か月が経過しました。

ちょうど始めたのが、昨年の12月11日からだったので、年末年始を挟むことになり、忘年会新年会といった行事にも2回ほど当たりましたが、それ以外はストイックに何とか野菜だけを食べる生活をキープしてきました。途中、1月に入り、インフルエンザに罹ってしまい約1週間ほど寝込む時期がありましたが、それにもかかわらず、休職後は頗る調子が良く、どんどん調子が良くなっているのを実感しています。

完全なる生菜食とはいかずとも食べ過ぎないことと、肉を食べない、ラーメンやパンなど糖質や資質が高いものはほとんど食べないように意識し、清涼飲料水などのジュースやアルコールなどの甘いものは一切取らず、毎日野菜は大量に食べてきました。加えて、西式甲田療法の六大療法も並行してやってきました。

具体的には以下の効果がありました。

・耳がどんどん良くなってきている。
・頭の回転が徐々に速くなった。
・本を読むスピードが上がった。
・人との会話でも先読みして適切な会話ができるようになった。
・会議の進行についていけるようになった。
・ストレス耐性に強くなり、人からいろいろと指摘されても素直に聞いて解決策を見出せるようになった。
・体調が良くなり、運動をあまりしなくても疲れにくくなった。
・体重が激減した。2018年12月11日時点では69kgだった体重が59kgに。
体脂肪率も20%から11%に。
・朝の目覚めが良くなった
・睡眠時間が短くても気持ちよく起きられるようになった
・五感の冴えが著しくなり、嗅覚や味覚、触覚などの能力も上がった。
・記憶力が良くなり、ちょっとしたことでもメモを取らなくても覚えられるようになった。
・アイデアが浮かび、日々を創意工夫しながら過ごせるようになった。
・無駄な浪費が減り、無駄な行動が減った。
・温冷浴を毎日やることで体が丈夫になり、冷たい水を浴びても寒いと思わなくなった。

などなど上げればきりがないくらいあらゆる能力の向上を実感していて自分でも驚いています。かなり効果が出ているので再び生菜食療法を徹底し、加えて週1の断食も今後は取り入れていきたいと思っています。。

引き続き、経過報告をしていきたいと思いますので、楽しみにしていてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました