体脂肪率10%切りました

健康

西式甲田療法の生菜食を本格的にやってから2か月半が経過し、とうとう体脂肪率が10%を切りました。写真参照。

ちなみに身長が175cmなので、平均体重の66kgを約10kgほど下回りました。西式療法を12月にスタートした時は68kgで体脂肪率は20%ちかくありましたから相当やせたと思います。しかも、運動はその間ほとんどしていません。

食事の質を良くし、量を少なめにしたそれだけです。しかし、多くの本陣が1日3食という常識にとらわれているので、なかなか簡単ではないのも事実です。実際に、仕事で昼飯を一緒に食べる先輩がいるのですが、私が口を酸っぱく小食が健康に良くて、頭の回転がすこぶる良くなったと力説してもマイペースに好きなものを食べ続けているのを目の当たりにしていますからね。しかもいつも疲れていて、午後は眠いのだとか。そりゃ3食食べたら眠くなるのは当然です。例えやせ型だとして腸の状態が悪ければ宿便が溜まり、脳への血流も悪くなります。その方は年齢が60を超えている方なので、私のような輩の話は全く聞く耳持たずなのも理由かもしれませんが。素直に学習しようとしたり、困っている方ならば速攻で効果が出るのにもったいないといつも思います。

しかし、効果を自身の心身で実感している以上は引き続き継続していきたいと思います。体調もかなり良く、しかも本や仕事での文字を読むスピードもめちゃくちゃ上がりましたし、判断力も相当向上したと思います。肌感覚でIQが50以上は上がったような感じでしょうか。いうならばまさに覚醒したと言っても過言ではありません。

また追って効果をレポートしたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました