難病治療に効果のある西式甲田療法を本格的に実践して半年が経過

健康

ちょうど6月11日を経過し、西式甲田療法を実践してから約半年が経過した。

体調はすこぶる良く、聴覚、視覚、味覚、嗅覚、触覚 すべての五感に加え、第六感(勘)も冴えてきている。理解力や読書スピードも以前の5倍近く上がり、視野も相当に大きくなったように感じている。

そして、体重や体脂肪はもちろんのこと大幅に減少中だ。
具体的な経過は以下の通り

半年前
体重69kg、体脂肪率19%

現在
体重59kg、体脂肪率9%

特に生菜食を本格的に始めた最初の2か月くらいで即効果が出た。
しかしながら、その過程は簡単ではなく、もともと2食食べていたのを1食に減らし、かつ内容まで生野菜中心や玄米など体に優しい食事しか摂らないなど相当な制限を設けている。具体的に禁止している食事としては、ハンバーガーや牛丼、ラーメン類、スナック菓子、甘いお菓子、甘いジュースなど。

かつての自分であればこれらは大好物であり、かつ大食漢であったが、これらの食事により体調を大きく狂わせたことが原因とわかってからは気を引き締めている。今までさんざん能力開発や運動、気功治療など様々なことを試してきたが、食事を制限するに越したことがないことがわかったからだ。それほどまでに私たちの生活は飽食に満ち溢れている。

甲田先生の著書のみならず、関連書籍として船瀬俊介氏の3日断食で7割治るや1日1食の超小食の勧めなどの本も参考にしてきて、断食や小食の絶大なる効果を知識として理解するだけでなく、自身の体を通じて徐々に能力の向上を実感しているので確信を得ている。

今回は半年実践した経過としてここに記録として残すが、私の使命としてもっとこの療法を広め、かつての私が常に体調が悪く、そして難聴気味に陥り発達障害的な症状に長年悩まされてきたので、同様の悩みを抱えている人たちを救いたいと思えてきた。

まずは自身の体を治すのが先であるが、先のゴールとして日本中そして、先進国全般のグローバルな人たちにも伝えていけたらと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました